マーガリンの危うさ

マーガリンの危うさ

2015年1月29日 [未分類]

マーガリンの危うさは、若い頃からしっていましたが、下記の記事を読んで、改めて気を付けようと思いました。マーガリンやショートニングには、トランス脂肪酸が含まれていますが、人体は、トランス脂肪酸を他の油脂と同じように処理しようとするのですが、通常ではありえない不自然な分子構造のため、処理しきれずに体内に蓄積してしまい動脈硬化、アレルギー、ガンなど、の悪影響を及ぼすことが様々な研究によりわかってきています。

以下は、内海先生の記事です。

トランス脂肪は今、海外では最も危険視されている脂肪酸です。しかし日本ではまだまだ認知が広がっているとは言えません。トランス脂肪は不飽和脂肪を加熱し、水分を蒸発させ、脂肪を凝固させたもので、そこに無理やり水素分子が加えてあります。これにより不自然な脂肪酸が出来上がりますが、このトランス脂肪酸を使う理由というのは保存という意味でも長持ちするからとされています。しかし日本人はこの意味を取り違えています。

たとえばマーガリンは有名なトランス脂肪酸ですが、その化学構造はプラスチックと分子一つしか差がないのです。さて、これを普通の生物は食べようと思うでしょうか?もちろん思うわけありません。だからこれは保存として長持ちさせているということではなく、食べ物ではない物質に変化させているということです。学校などでパンにマーガリンをつけて食べていることなど、プラスチックを食べていることと大差はないのです。プラスチックを食べる生物がどこにいるでしょうか?プラスチックは腐ったりする物質なのでしょうか?

海外ではトランス脂肪の危険性はかなり訴えられており、アメリカやヨーロッパを中心に全面禁止になっている場所もあります。トランス脂肪は、糖類とともに、糖尿病、高血圧、コレステロール疾患、心臓血管の病気、癌、リウマチ性関節炎、カンジタ症、アレルギー、うつ、慢性疲労などあらゆるものに関与するので、社会問題となっているのです。チェーン店やコンビニやファーストフード店でさくっとした揚げ物などは、みなトランス脂肪酸に変化した油を使用していると言っていいでしょう。




下はマーガリンとバターの有名な写真ですが、蟻はマーガリンには寄ってきません。蟻が食べないものをありがたがって食べる、地球上で唯一無二の生物こそニンゲンなんですね♪。


e0216039_722509.jpg



マーガリンの危うさ | 健康な食品の選び方

http://kotonoha32.com/%E6%9C%AA%E5%88%86%E9%A1%9E/margarine/


















[PR]
by renrenshikuru | 2015-02-04 07:25 | 日記


日記


by renrenshikuru

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 05月
2016年 11月
2016年 10月
2015年 09月
2015年 02月
2014年 09月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2011年 11月

最新の記事

Vivaldiのキャッシュ削..
at 2017-05-01 08:03
【Windows 10】DV..
at 2016-11-15 00:00
人生は七十才より
at 2016-11-06 00:00
新番組 やなせななの なない..
at 2016-11-03 15:00
Windows10 アップデ..
at 2016-10-19 19:54
インストールされた更新プログ..
at 2016-10-10 06:23
Windows 10 ショー..
at 2016-10-07 19:14
Windows10 PC起動..
at 2016-10-07 19:02
Windows 10 ISO..
at 2016-10-05 22:24
超便利!Windows10に..
at 2016-10-05 18:22
Windows10の Win..
at 2016-10-05 06:51
山崎製パン「ランチパック」「..
at 2015-09-28 19:02
マーガリンの危うさ
at 2015-02-04 07:25
『ホツマツタヱ』を読み解く―..
at 2014-09-23 08:40
奈良安全索道
at 2014-04-01 08:56

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧