奈良倶楽部通信 partII 今在家に珈琲や「かじせん」611オープン

e0216039_19215935.jpg


かじせん
鍛冶千
カフェ・喫茶
今在家町17
0742-20-0500
お休み:土・祝日




奈良倶楽部通信 part:II: 今在家に珈琲や「かじせん」6/11オープン



http://naraclub-naraclubpart2.blogspot.com/2018/06/611.html





奈良倶楽部通信 PART:II
奈良倶楽部のオーナーがお届けする、奈良のあれこれ
2018年6月8日金曜日

今在家に珈琲や「かじせん」6/11オープン

奈良倶楽部の最寄りのバス停・今在家のすぐそばにある西田自動車の隣に、新しくオープンするお店のプレオープンにお邪魔しました。

珈琲や「かじせん」さん。
正式オープンは6/11(月曜日)からです。

お店からは、道路の向こうに「轉害坊」と「奥野傘店」が見えます。

正式オープンしたら店頭に出される大きな提灯。
お店の名前の「かじせん」と同じく「鍛冶千」と書かれています。

明治時代以前は奈良倶楽部のご近所あたりで鍛冶屋をされていて、東大寺さんとも関係があったのだそうです。
「鍛冶千」は鍛冶屋の時の屋号なんですね。
今在家のこの場所に移られたのが明治の中頃、今から130年程前だそうで、鍛冶屋から車輪を作る家業になり、そうして現在は自動車修理の「西田自動車」として営業されています。
そして「西田自動車」の一角を改修して、珈琲豆の焙煎、販売と喫茶営業の「かじせん」が誕生しました。
腕を奮われる西田さんは数年以上珈琲の焙煎を学んでこられた方。

天井を見上げると車輪がたくさん!

この建物は「洋合掌造り」といわれる建築で、柱が一本もない工法で造られているのだそうです。おそらく130年前の「洋合掌造り」が残っているのはここだけではないか、130年前だと大変難しい技術であったということです。

そんな歴史ある建物も壊されずにリニューアルして、お店として生まれ変わって素晴らしいことですね。

サンドイッチランチの食後のコーヒーが美味しすぎて悶絶していました。(←大げさではなく)

中庭もご自分で作られたのだそうです。

そして水島太郎さんの大きな作品もかけてありました。

::
珈琲や「かじせん」※正式オープンは6/11から

住所:奈良市今在家町17

電話:0742-20-0500

営業時間:9:00~15:00

モーニング 9:00~11:00/ ランチ 11:30~13:30

お休み:土・祝日

駐車場は向かいの「轉害坊」さんの北隣の空き地になります。

e0216039_21395765.jpg






珈琲や かじせん (@kajisennara) Instagram profile - instahu.com

http://www.instahu.com/kajisennara

@kajisennara

お店のサンドイッチのパンは、木津川市のfaveurさんにお願いして焼いていただいています。 三重県産ニシノカオリという小麦粉を使って、手間ひまを惜しまず作られたパンは、どんな食材にもぴったり。噛めば噛むほど、幸せな気分になれるパンです。


e0216039_08190994.jpg
お肉好きならこちらもおススメ! 和牛のしぐれ煮サンド

e0216039_08213677.jpg
こだわりのだし巻きサンド 







ブーランジェリー ファヴール (Boulangerie Faveur)


木津/パン [食べログ]

店舗基本情報
店名ブーランジェリー ファヴール (Boulangerie Faveur)
ジャンルパン
予約・お問い合わせ
0774-66-4607
予約可否
住所京都府木津川市州見台5-1-10 ライブリー州見 103

ブーランジェリー ファヴール

交通手段
平城山駅から1,927m

営業時間
定休日

公式アカウント

https://www.facebook.com/BoulangerieFaveur/

オープン日2017年

初投稿者
lynxn(0)





ブーランジェリー ファヴール (Boulangerie Faveur)

木津/パン [食べログ]



https://tabelog.com/kyoto/A2607/A260705/26029781/








boulangerie_faveur


https://www.instagram.com/boulangerie_faveur/p/Bkzq7iTBilw/


Boulangerie Faveurさん(@boulangerie_faveur)のInstagramアカウント:
「昨日は、奈良に6月にオープンされたばかりの珈琲カフェ「かじせん」さんにお邪魔してきました😄 実は、こちらのお店のメニューに当店の食パンを使っていただいております! ありがとうございます!🙇✨ .…」








州見台のパン屋・ブーランジェリーファブールのおすすめは?【木津川市】 - 京のした

https://kyotosouth.info/place/kizugawashi/1350/


京のした

パン 木津川市

州見台のパン屋・ブーランジェリーファブールのおすすめは?【木津川市】
投稿日:2018年10月23日更新日:2018年11月17日
2018年10月に発売された雑誌Leafは京都の郊外特集!
精華町や木津川市、松井山手など京都府南部も多数紹介されていました!

その中に出ていた、昨年オープンしたという、木津川市州見台(くにみだい)のパン屋さん・ブーランジェリーファブール(Boulangerie Faveur)に行ってきましたよ!


昨年10月にオープンし、地元に人気という州見台のブーランジェリーファブール(Boulangerie Faveur)さんはこちらにあります!
Googlemapでは大通りの1本裏のように見えますが、大通り沿いに面しています。
国道24号から44号(梅見台方面)に向かって走っていると、向かって左手にあります。ローソンが見えたら、その数件先のマンションの一角がブーランジェリーファブールさん。
2軒先のお菓子屋さん・メリメロさんの看板が目印です。お店の前に3台分の駐車場がありますよ〜。
2車線の広い道路のため、逆方向(梅見台・奈良方面)から来ると、入れないのでお店をすぎてローソンの信号でUターンしてくださいね。
ちなみにお隣はcafe Rさんです。ハンバーグやカレーのランチが美味しいそう!また今度行ってみたい♩
ブーランジェリーファブールのこだわりは食パン!
では早速店内へ〜!
伺ったのは10月のとある日曜日の11時すぎと、平日の11時半頃の2回。
ちょうどお昼前とあって、こじんまりとしつつも落ち着いた店内にはパンがぎ〜〜〜っしり!!
惣菜系、菓子パンからベーグル、サンドウィッチ系と充実していました!なんと多い日は1日80〜90種類ものパンが並ぶとか!!?すごい!!
中でも、一押しは食パンのようでした!
店頭の看板にも名前のある「キタノ豊潤食パン」(一斤350円+税)!雑誌Leafにも掲載されていた商品です。
なんと90%以上の水分で焼き上げる高加水食パン!バターもふんだんに使用していて、ふわふわな上にリッチな味わいだそうですが、残念ながらお昼頃はまだ焼かれておらず…。
また湯種パンドミーもこの時間はまだ並んでいませんでした。こちらは三重県産の小麦・ニシノカオリを使って、低温熟成発酵させて焼き上げる食パン。湯種製法のため、もっちり&しっかりした食感だそう。SNSには焼き上がりは11:00~を予定とあったので、もう少ししたら並んだのかも。
お昼時に買える食パンは「ゆめちからのもちもち食パン」(1斤280円+税)!他の惣菜パンやサンドウィッチにも使われていてこちらも一押しのようなので買ってみました!
他にも看板にあった、よつ葉クロワッサンやブラックショコラもLeaf掲載商品だったので買ってみましたよ〜〜
↑平日11:30頃に行って購入したもの。総額1,036円。
↑日曜日11:10頃に行って購入したもの。総額626円。
柔らか〜い、ゆめちからのもちもち食パン
では早速、ゆめちからもちもち食パンを頂きました!
ほんのりと小麦の香りがしますが、小麦の味の主張はそれほどせず、何にでも合わせやすいパンという印象。
まぁ、驚いたのは、なめらかで伸びる食感!!しっとりとして口どけがとても良いんです!耳まで柔らかく、優しい食感を楽しんでいたらあっという間に1枚ペロリ!!
キョン
生のままでもなんぼでも食べれる〜〜
またトースト加減によっても違いが!
軽く焼くと、生地がより伸びて、もちもち感アップ!しっかり焼くと小麦の香りがたち、外はサクサク・中はしっとりのコントラストが楽しい食パンに!
どちらにせよ、軽い食感のパンなのですぐになくなってしまいました笑
もちもち食パンを使ったサンドウィッチと惣菜パン
また店頭には、このもちもち食パンを使った商品も並んでいます!気になった2つを買ってみましたw
まず「お手軽サンド」(200円)。厚焼きたまごのサンドウィッチです。このたまごとしっとりなめらか食パンがナイスマッチ!!
間にはケチャプが薄く塗られています↓
優しい出汁巻たまごと食パンが一体化して、口の中で一緒にとろけましたw 美味しい〜…!
続いてビジュアルに惹かれた、目玉焼きトースト(160円)。
面白いのが、食パン2枚重ねなんです!!8枚切りほどの厚さの食パンを重ね、1枚は真ん中をくり抜き、縁を作ってたまごを流し込んでいるんですねw
1枚目の縁にはマヨネーズが、さらにパンの間にはチースとベーコンがこんにちは!
たまごも硬くなりすぎず、程よい火の通し方(半熟ではないです)w 値段も手頃で満足感のある1枚です!
キョンおすすめはクロワッサンとカレーパン!
さぁ、どんどんいきますよー!続いてはよつ葉クロワッサン(170円)!
たまご不使用、四つ葉バター100%のクロワッサンです。マットな質感で、バリバリではなく、サクサクしっとり。噛んだ瞬間バターの甘みが口いっぱいに広がります♩
そのまま食べて美味しいですが焼くとパリパリ感がアップし、バターのジュワーもアップしますよ!
あとこれは美味しい!!と唸ったのがカレーパン!
何より噛んだ瞬間・バリバリッと食感がすごくいいんです!!噛むのが楽しい!
中のカレーは具がなくペースト状のカレー。このカレーがまた美味しい!スパイシーで甘みと酸味が絶妙!あとから辛味が追いかけてきます。カレーパンにぴったりなカレーと言った感じ!これははまりそうですw
甘い系のパン3つ
最後に甘い系のパンを3つご紹介!
看板商品でもあるブラック・ショコラ(200円)!
人気商品のようで、平日11:30に言った時にはラスト2本。私と他の方が買って、品切れになっていました!
なんともインパクトのあるイカスミみたいな黒い皮!パン生地はロデヴと言う吸水の多い生地で、中はしっとりと水分を含んだハード系のパンを使用。確かにハード系なのに中はもっちり、そしてしっかりとした噛み応えがあります。
黒いパンの中にはチョコレートが!
リベイクするとおすすめということで、半分は焼いてみました。すると外はパリパリ、中はふわふわで食べやすくまた違った食感に♩
この商品「チョコ好きの方に人気!」と紹介されていましたが、個人的にはそれほどチョコ感を感じませんでした…外の皮が中のチョコより勝っていて、かと言って外の皮もさほどチョコ感がなく…(チョコではなくカカオなのかな?)。
↑自称チョコ好きとしては多分こちらのクロワッサン・オ・ショコラの方が好みだったかな、と。チョコが溶けるので夏場はお休みの商品です。今度はこれを食べてみます^^
キョン
単にキョンの舌がお子様なのかもw
そしてつい買ってしまうクリームパン;
こちらはザ・シンプル!ふわっとクリームの香りがして、やわから〜い生地に甘さ控え目のカスタード。定番の安心の味でしたw
最後は季節限定の栗三昧(220円)!
パリパリではなく、しっとり・なめらかなデニッシュ生地に栗の渋皮煮、カスタード、栗あんが!栗あんが入ることで一気に和風になるんですね!栗好きにはおすすめです〜
まとめ・ブーランジェリーファブールのおすすめはこれ!
食べログの口コミにもありましたが、まず価格的にもお手頃!さらに豊富な種類も魅力です!
キョン的にはカレーパンはリピート決定!!またよつ葉クロワッサン、もちもち食パンを使ったお手軽サンドと目玉焼きトーストはおすすめです!


     ⬆

ブーランジェリー ファヴール (Boulangerie Faveur)さん、



以前は、


レガル(regal+e) というパン屋さん


だったと思ふ?!。

  
隣のCafe Rとメリメロさんも行


きました。





https://twitter.com/dmdjj2clnd1bvtd



https://deskgram.net/explore/tags/%E3%83%AA%E3%83%8D%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%B3

2018エプロン展今年の6月にきたまちにオープンした 珈琲や かじせん @kajisennara さん。 シンプルなエプロン BAKER をお仕事着に選んでくださいました。 昨日は、少し無理を言って、お昼を届けていただきました。 働くエプロンに会えて嬉しい一日となりました ...






























奈良モーツァルト会のイルガチェフェ(エチオピア珈琲)鍛冶千に関する詳細記事。

https://naramozart.at.webry.info/201806/article_1.html



zoom RSS イルガチェフェ(エチオピア珈琲)鍛冶千
<< 作成日時 : 2018/06/01 16:40 >>

日本に入る珈琲輸入の3パーセントに満たない究極の珈琲をいただけるお店【かじせん】今日プレオープンでした。今まで飲んでたのは『なに❓』くらい別もんの珈琲です。
ワインでゆうとグラン・クリュ、、喉を何気~に流れていきます、、ひっかかり限りなくゼロ(*^^*)脱力感がすごく気にいりました。
こちらのお店は元々鍛冶屋さん。
オーナー(女性)が長年珈琲の勉強をして‘’この珈琲なら!‘’と始められたお店。

お薦めですが予約した方が確実です。
奈良市きたまち(手貝門の向出醤油屋さん斜め前あたり。奈良坂上がる手前です。Parkingは向かいの風情ある薬局の横です)


※鍛冶屋さんの名残りの機材が天井にぶら下がり、、お庭の塀には東大寺の瓦と同じ瓦がはめ込まれ、、太郎ちゃんの漆の絵画が飾られ、、

なんともいえない善き空間です。

















『かじせん』でボリューミーなたまごサンドランチ♪【きたまち】 | Na Lunch ~奈良市と生駒市のおすすめランチ~ | まいぷれ[奈良・生駒]

https://nara.mypl.net/mp/lunch_nara/?sid=65298



Na Lunch ~奈良市と生駒市のおすすめランチ~

『かじせん』でボリューミーなたまごサンドランチ♪【きたまち】
たまご4個使った分厚ーいだし巻きサンドと和牛のしぐれ煮サンド

今在家バス下車亭すぐ

日に日に奈良の景色が秋色に染まる今日この頃。

今回は奈良『きたまち』に6月にオープンしたカフェ『かじせん』さんのランチをご紹介!

扉を開けると漂ってくる珈琲の良い香り。
大きなガラス窓から差し込む光と、お庭から差し込む光で店内はとっても明るく爽やか。
大きな窓から差し込む光で店内は明るく、コーヒーの良い香りが漂っています♪
お庭は店長さん自ら仕立てたこだわりのお庭。
『かじせん』さんが建つこの場所には、昔、東大寺にかかわりのある鍛冶屋さんがあり、車輪などを作っていたそうです。
表の提灯に書かれている『鍛冶千』は、この建物の屋号なんだそう。
その後、鉄工所を経て自動車工場となり、その隣に今年6月にカフェをオープンされました。
もともと作業場だった場所をリフォームしたため、ふと目線を上げれば、そこここにかつての名残を見ることが出来ます♪
そんなとっても歴史深いこの場所で味わえるランチ。とっても楽しみです(*^▽^*)
天井には昔の名残があり、独特の雰囲気を醸し出しています。レトロ好きには堪らないかも♪

分厚ーいたまごサンドにはこだわりがギューッと詰まってます♪

こだわりのだし巻きサンド ¥1100

運ばれてきたサンドを見てビックリ!

だし巻きたまご…めっちゃ分厚くないですか…??!トーストと同じ厚さですよ!
これはガブっとかぶりつくしかないですね(≧▽≦)

この分厚いだし巻きたまごには、少し小さめの卵が4つも使われているそうです!
だからこの分厚さ♪
オーダーが入ってから一つ一つ焼き上げるので、とってもフワフワジューシー♪
出汁まきたまごだけではなく、トマトの味とバターの風味も口の中に広がります。

このトマトソースは、和風だしのたまごに合うようにと手作りされたソースなんだそうです!美味しいだし巻きを味わって頂く為のこだわりが詰まったホットサンドでした♪
サイドメニューはヘルシーな小鉢とスープ
バターナッツかぼちゃのスープ
日替わりサラダ
サンドイッチと共に、サラダとスープも届きました♪

サラダは日替わり。
この日は、ひじき・玉ねぎ・インゲン・黄色トマトの和え物
カラフルで見た目もとってもかわいいんです♪

スープはバターナッツかぼちゃ。
お店で作った鶏だしを合わせ、クリーミーで優しい味のスープです。
お隣に座っていた赤ちゃんも美味しそうに飲んでいました♪

もう一つのサンドもご紹介!
こちらは国産黒毛和牛を使った『和牛のしぐれ煮サンド』
和牛のしぐれ煮サンド ¥1300
味付けのしょう油は奈良で作られたものを使用し、甘すぎず、辛すぎずちょうどよいお味。
実は、塗られているマヨネーズも手作りだそう。

はみ出るくらいにたっぷりのお肉。ガブっと豪快に食べるのがよさそうですね!
だし巻きサンドもそうですが、結構なボリュームが有り、十分お腹いっぱいになりました♪
自慢のスペシャルティコーヒーは是非味わってみて!
おっきな焙煎機で豆を自家焙煎します

ランチもですが、『かじせん』さんで是非味わって頂きたいのが、こだわりのスペシャルティコーヒー。仕入れる豆からこだわり、一杯一杯丁寧にドリップしています。

店長さんのこだわりは、『どんな人にも受け入れられるコーヒーを目指す』と言うこと。

コーヒーには酸味や苦みなど、種類によって好みが分かれ、それがコーヒーが苦手な人の飲めない原因になってることも多いかと思います。
そういった方でも、試しに『かじせん』さんのコーヒーを飲んでみたら『美味しく飲めた!』
と言う方が多いそうです。
どんな人にも受け入れられるよう、マイルドに仕上げ、ゆっくりとカフェタイムを楽しんでほしいというこだわりが伝わってきました。
焙煎したコーヒー豆の販売もされていますので、お気に入りの豆が見つかった方は購入してみて下さいね♪
オーダーを受けてから豆を挽き、グラムをきちっと量って淹れるのでいつでも同じ味が楽しめますよ♪
コーヒーに合わせてドリッパーを使い分けるこだわりっぷり
コーヒー豆も販売中です
本日のデザートは絶対おすすめ!












奈良きたまちの焙煎店 - おやじの絵日記 - Yahoo!ブログ

https://blogs.yahoo.co.jp/kidannyjp/16196591.html


奈良きたまちの焙煎店 記事をクリップするクリップ追加
2018/11/2(金) 午後 5:53 日記 練習用
facebookでシェア
twitterでつぶやく

実家の近く(「奈良きたまち」)に珈琲の焙煎をする店がオープンしました。

ちょうど珈琲豆が切れたところだったので、見学を兼ねて行ってきました。

イメージ 1


店に入ってまず驚いたのは、大きな天井の梁と、そこに設置されているベルトを駆動するローラーです。

それは世界遺産の富山製糸場などに見られるような明治時代に使われた装置です。

なぜこんな昔の装置が残っているか?店の女性に聞いてみると、

このお家は元は江戸時代に創業された鍛冶屋さんだったそうです。

店の名前「かじせん」というのは、その鍛冶屋さんの屋号「鍛冶千」から採ったとのことでした。

「よくこんな古い物が残っていましたね!」と聞くと、

「取り壊される寸前だったのですが、店をオープンするのに、そのまま残してもらったのです。」

「奈良は空襲を受けなかったので古い物がそのまま残っていますが、古くから住んでいるとその価値に気づかない方が多いみたいですね」

と説明をしてくれたのは、この店のオーナ(女性)です。

結婚して奈良に来られて、この焙煎とカフェの店を開業されたそうです。

いま「奈良きたまち」は若い女性の起業家がとても元気で活躍されています。

そして少しづつ街が変わりつつあります。

肝心なことを忘れました!珈琲は焙煎所なので、さすがです!ハナマルです!








注目の新星さん!元・鍛冶屋のオシャレなカフェで分厚~い○○サンド!? (奈良テレビ放送) - LINEアカウントメディア



http://news.line.me/issue/oa-naratvnews/f77101ee8d55




















珈琲や かじせん | Narakko! - 奈良っこ

https://narakko.love/2018/11/25/gourmet/kajisen/

















































































































[PR]
by renrenshikuru | 2018-12-12 06:30 | 日記


日記


by renrenshikuru

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月

最新の記事

焼菓子 京終やまぼうし 吉岡幸子
at 2018-12-14 09:59
奈良県奈良市西寺林町の賃貸店舗
at 2018-12-14 09:11
奈良★京都でベリーダンス◇◆..
at 2018-12-14 08:56
ニコル先生ファンの皆様お待た..
at 2018-12-13 08:25
ニコル先生ファンの皆様お待た..
at 2018-12-13 08:25
奈良倶楽部通信 partII..
at 2018-12-12 06:30
「文化工学の目指すもの〜高齢..
at 2018-12-10 20:05
おうち雑貨カフェchapor..
at 2018-12-09 15:30
日本料理いなだ-稲田商店(生..
at 2018-11-25 00:00
ならろじっく
at 2018-11-24 21:35
京町家作事組
at 2018-11-17 21:12
真・大和高田市ホームページ ..
at 2018-11-15 06:33
「清すく」について。 - 遊..
at 2018-11-12 06:32
ミジンコブンコの玄関先で「富..
at 2018-11-07 07:39

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧